確実にバストアップする方法 | 小さな胸に悩む女性に

一人ひとりのバストアップ

*

女性ホルモンを増やす方法

0ca636b1486335f56b9e70e3df23b858_s

胸を大きくする為には、女性ホルモンが少なからず欠かせません。
女性ホルモンと胸の大きさの関係

では女性ホルモンを増やすにはどうすればいいのでしょうか。
大きく分けて2つの方法があります。

1つは「分泌量を増やす」こと。
もう1つは「外部から摂取する」ことです。

スポンサーリンク

女性ホルモンの分泌量を増やす

分泌量を増やすためには、以下の方法があります。

  • 脳に「足りない」と思わせる
  • 分泌促進のハーブを利用する
  • 男性ホルモンの量を増やす

脳に「足りない」と思わせる

女性ホルモンの分泌は脳の視床下部がコントロールしています。
このコントロールが非常に有能で、多ければ分泌を減らすし、少なければ分泌量を増やしてくれるように出来ています。

という事は、脳が「女性ホルモンが足りない」と思うようになれば、
自然と分泌量が増えるということです。

そこで有効なのは大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンは植物エストロゲンと呼ばれ、
女性ホルモンのエストロゲンの代わりに働く物質として有名です。

ただし、その活性力が非常に弱いため、
エストロゲンの代わりに働いてくれるにも関わらず、脳が「足りない」と錯覚するわけです。

大豆イソフラボンにはグリコシド型とアグリコン型の2種類があり、
アグリコン型の方が上手に体に吸収されてくれます。

通常の大豆製品はグリコシド型のイソフラボンで、
アグリコン型は発酵しているもの・・・つまり味噌や醤油に含まれていますので、
積極的に摂取することで、女性ホルモンの分泌を促せるというわけです。
※ただし塩分の摂りすぎに注意です。

分泌促進の成分を利用する

女性ホルモンの分泌を促進する成分というのは、私は知りませんが、
女性ホルモンの分泌を促進する為に、睡眠の質を上げたり、ストレスを緩和する成分はあります。

これらによって自律神経が整うことで、
あなたの体に女性ホルモンが足りないのであれば、
自動で気に女性ホルモンのバランスを整える為に分泌してくれるはずです。

セント・ジョーンズ・ワートや、L-トリプトファン、γ-アミノ酪酸なんかがそうです。

男性ホルモンの量を増やす

えっ!?
って思うかもしれませんが、
女性の体の中にも男性ホルモンは存在しています。

男性ホルモンは筋肉を成長させたりする役割があるのですが、
女性の場合はその男性ホルモンがすぐに女性ホルモンのエストロゲンに体内で変換されます。

この変換に関わるのが、アロマターゼ酵素と呼ばれるもので、
女性は男性に比べてこの酵素が体内に多いんだそうです。

アロマターゼ酵素はチョコレートやローズマリーによって阻害されるので、
エストロゲンを多くしたい場合は、これらの摂取に気を付けるといいのかもしれません。

ただし、この男性ホルモンDHEAを増やす方法はわかっておらず、
一説にはストレスをなくすことや、運動をすることなどと言われています。

DHEAのサプリを海外から輸入して摂取する方法や、
DHEAと構造が似ているジオスゲニンを含むヤマイモの摂取などもいいみたいです。

女性ホルモンを外部から摂取する

女性ホルモンを外部から摂取するには以下の方法があります。
バストアップサプリメントは主にこの方法が用いられています。

  • 植物エストロゲンを摂取する
  • 女性ホルモンそのものを摂取する

植物エストロゲンを摂取する

植物エストロゲンというのは、「エストロゲンに良く似た構造の物質」です。
構造が似ているから、体内で同じように働いてくれるというものです。

前述の大豆イソフラボンが有名です。
最近のバストアップサプリは「プエラリア」が含まれているものが多いですが、
これも植物エストロゲンの効果を期待してのものです。

更年期にエストロゲンが減少した女性が植物エストロゲンによって更年期特有の症状が改善するという話もありますが、果たしてその症状がエストロゲンによるものなのかを疑問視する声もあります。

また、エストロゲン過剰は体に悪い影響を及ぼすので注意が必要です。

女性ホルモンそのものを摂取する

市販の牛乳や牛肉には女性ホルモンが含まれていると言われています。

これは、牛乳になるお乳は、妊娠中の牛から搾乳されているからです。
「なんで妊娠している状態でお乳が出るの?」という疑問もあると思いますが、
詳しくはこちらの記事に書いていますので興味がある方はご確認ください。
牛乳を飲めばバストアップするのか?の本当のところ

妊娠中はもちろん血中に女性ホルモンが多く、
牛乳は牛の血液から造られていますから、当然女性ホルモンが多く含まれているわけです。

牛と人間の女性ホルモンって同じなんだそうです。
だから、牛乳を飲むことで、人間の体内の女性ホルモン量が増えるわけです。

植物エストロゲンはその性質上、肝臓で分解されやすく、血中に女性ホルモンとしては残りづらいみたいですが、牛乳に入っているのはまさしく女性ホルモンなので、分解もされにくいんだとか。

同様に、牛肉にも女性ホルモンが含まれているんだそうです。
これは役目を終えた乳牛が牛肉として販売されていることに起因しています。

女性ホルモンを増やす注意点

女性ホルモンを増やす方法を紹介してきましたが、
バストアップに関しては、女性ホルモンだけが理由ではありません。

なので、むやみやたらに女性ホルモンを増やすことに注力するのは少し考えた方がいいかもしれません。

あなたの胸がなぜ小さいのか?を知ったうえで、
女性ホルモンが明らかに足りないのであれば、この方法も効果的と言えます。

なぜあなたの胸は小さいのか?胸が大きくならない原因を知る

 

今からでも間に合う!短期間で”自然に”胸を大きくできるバストアップエクササイズ

誰にでもよく効く「バストアップの魔法の薬」は、残念ながらまだこの世に存在しません。

でも、”基本を押さえた方法”で、誰でも確実にバストアップできる方法ならあるんです。
それが「バストアップエクササイズ」。

バストアップエクササイズは、主にバストアップ専門のエステサロンで取り入れられているもので、「栄養」「女性ホルモン」「血行」という”胸を大きくする基本的なこと”に注目した、安全なバストアップ方法です。

当サイトがオススメするのは、そんなバストアップエクササイズを、エステサロンに行く事もなく、自宅で誰にもバレずに、自分のペースで行える方法。

それがこちら。
最短2週間で2カップアップ、自分で出来るバストアップエクササイズ

現にこのエクササイズで何人もの方がバストアップに成功していますし、中にはAAカップからCカップまで成長させた方から、50代で成功している方までいるので、「私もバストアップするんだ」って励みになります。

バストアップエクササイズは豊胸手術やサプリのような裏ワザではないので、自分でやる必要があるのですが、ちゃんと自分の胸と正面から向き合って自然に大きくしたい方にはピッタリの方法。

今なら実質無料なので、やるだけやってみるチャンスです!

 - 胸が大きくなるしくみ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップPR 1005バナー

  こんな記事も読まれています

no image
小さな胸で悩んでいる人はおっぱいが大きくなる仕組みを知る事が重要

生まれつき小さいままの胸を大きくする、 または、授乳で萎んでしまった胸を取り戻す …

成長ホルモンを増やす方法|分泌を促進するアルファGPCなど

バストアップにも関係する「成長ホルモン」。 成長ホルモンはその名の通り、成長を促 …

「腕立て伏せで胸が大きくなる」のウソ。筋トレでむしろ大きくなるのは・・・

バストアップの都市伝説の一つに「腕立てふせ」ってありますよね。 大胸筋を鍛えるト …

胸が小さい人が意外と気にしていない自律神経がバストアップに関係すること

胸が小さい人は、自律神経のバランスが悪い可能性があります。 自律神経は女性ホルモ …

なぜ生理について知る事でバストアップに繋がるのか?月経と胸の大きさの関係

「自分の体のことだからなんとなくはわかっているけれど、 ちゃんと知っているかと言 …

no image
なぜあなたの胸は小さいのか?胸が大きくならない原因を知る

バストアップする為には、「なぜ自分の胸が小さいのか」という理由を知る必要がありま …

胸を大きく育てられる人が行っている、自律神経を整える方法

胸を大きく育てるのには自律神経のバランスが重要です。 自律神経は意識していないと …

都市伝説!胸は揉んでも大きくならなかった。揉んだらむしろ…

胸が小さい人のあるあるで、 「お風呂でとりあえず、なんとなく胸を揉んでみた」 と …

乳腺を育てる方法

胸を大きくする為には、乳腺の成長が欠かせません。 成長した乳腺のまわりに、それを …

バストアップ方法の種類と比較

胸を大きくするためには、生活習慣を改善することが基本です。 ただし、それだけでは …