一人ひとりのバストアップ – バストサイズアップ ドットコム

確実にバストアップする方法 | 小さな胸に悩む女性に

*

こんなはずじゃなかった…。豊胸手術で起きる合併症・後遺症・感染症のリスク

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s

豊胸手術は、手術自体の恐怖や、術後の痛みにばかり目が行きますが、
他にも合併症、後遺症、感染症のリスクがある事も忘れてはいけません。

せっかく胸が大きくなっても、体に影響があっては問題です。

かならずそのリスクについてもカウンセリング時に医師から説明を受け、
納得のうえで臨むようにしましょう。

スポンサーリンク

豊胸手術による合併症、後遺症、感染症

豊胸手術の合併症

合併症というのは、外科手術の場合、
その手術をした事によって併発した症状の事を言います。

豊胸手術の場合、手術後に出血が溜まる「血腫」という症状が合併症として挙げられます。

大きな血腫の場合には、それを抜き出す為の手術が必要になるというリスクを考慮しましょう。

豊胸手術の後遺症

後遺症は、後々まで残ってしまう症状のことです。

豊胸手術における後遺症は、「カプセル拘縮」が有名です。
これは体に異物が入ることにより、本来は体外に排出したいものの排出出来ないので、
体の中で膜を張って防御する事により起こる症状です。

固くなってしこりになったり、胸の形がいびつになるなどのリスクがあります。

豊胸手術の感染症

感染症とは、ウィルスなどに感染することにより引き起こす症状のことです。

豊胸手術においては脂肪注入などで体内に埃が入ることによるアレルギー反応などが挙げられます。
発熱や腫れ、痛みを伴い、場合によっては化膿してしまう事も。

クリニックによっては感染を防ぐために、あらかじめ抗生物質を数日間服用するように言われるところもあるようです。

重度のアレルギー反応で膿んでしまう場合には化膿部の除去などが必要になります。

症状には個人差がある

b43cac5a9e3d5cd4525343e57b0a9430_s

これらのリスクについて、クリニックでは必ずカウンセリング時に説明をしてくれます。
※してくれなかったら、聞いた方がいいです。

とはいえ、症状には個人差がありますので、
こういった事が全くでない方もいれば、逆にめちゃくちゃ体に合わないという方もいます。

痛みに対しても同様で、同じ強さの痛みを受けても、全く動じない人もいれば激痛に感じる人もいますよね。

なので、どの手術なら症状が出ないか、
どのクリニックなら、どの医師なら・・・って話だけではないということです。

合併症、感染症、後遺症の心配がないバストアップ法

私は豊胸手術はあまりにもリスクが高いと思ったので、
最終手段かなと思っています。

他にも胸を大きくする為にやれることはたくさんありますからね。

合併症や感染症、後遺症の心配がないバストアップ方法を試してみて、
それでもどうにも胸が大きくならない、っていう時に初めて豊胸手術に向き合うのでも遅くないと思います。

今からでも自分の胸を自然に育てる事ができる、バストアップエクササイズ

5624d4813b665d251df4e2a307789215_s_

私はバストアップサプリやクリーム、豊胸手術に頼る前に、
まずはバストアップエクササイズをオススメします。

というか、これがダメだったら、サプリやクリームも効果がないと思った方がいいです。

豊胸手術はあくまで自分の胸ではありませんから、
上記のような症状を引き起こし兼ねませんし、何かあった時には自分で対処が出来ません。

例えば、人気の脂肪注入法だって、痩せてしまったらもとに戻す術はないんです。
(また手術するしかない)

自分で自然な胸を育てるということ

だったら、自分で自分の胸をきちんと自然に育てる事が出来たらいいと思いませんか?
合併症や感染症、後遺症の心配がありませんし、
もしダイエットで減ってしまっても、また育てる事ができるわけですから。

「そんな事言ったって、思春期の少女じゃあるまいし、今からなんて無理」

そう思っていませんか?
バストアップエクササイズは50代60代の方も実践し、効果を実感している方法です。
年齢を理由にやらないのは、言い訳になってしまいます。

ちゃんと、正しく「胸が大きくなる理由」を知って実践すれば、
自分で育てることは可能だということです。

正しく「胸が大きくなる理由」と、その方法

「女性ホルモンが胸の乳腺を刺激することで、乳腺のまわりに脂肪がつく」

これが人間の女性の胸が大きくなる理由です。
子孫繁栄のために欠かせない乳腺を守る為には脂肪が必要なんです。

だから、バストアップサプリやクリームは「女性ホルモン」の量を増やす商品が多いわけです。
体の女性ホルモン量が減ってしまった更年期の方には最適かもしれません。

ただ、女性ホルモンが多いだけではバストアップしないんです。
それは、「血行」が左右しています。

女性ホルモンや脂肪などの栄養素は全て、血液によって全身に運ばれます。
この血の流れが悪いと、せっかくホルモンが分泌されようとも、栄養を摂取しようとも、
正常に体を巡ってくれませんから、乳腺を育ててくれないし、脂肪を貯えてくれないんです。

つまり、血液の流れを良くする事、
サラサラの血にしたり、詰まりをなくしたりする事が必要になってくるわけです。

エクササイズで乳腺刺激と血行促進

私がオススメするバストアップエクササイズでは
乳腺を刺激するツボのマッサージと、血行を良くする方法を兼ね備えています。

なので、女性ホルモンをサプリから摂取せずとも、バストアップが可能というわけです。

また、女性ホルモンと同じ働きをする成分は、
普段の食事を変えるだけで摂取することができます。

つまり、バストアップエクササイズと、生活習慣の改善。
これが自然に胸を大きくする方法ということになります。

ただ一点注意しなければならないのは、
これを独学でやろうとしないことです。

というのも、独学でやってしまうと、
本当に正しいのか?と疑問になってしまったり、
効果が見えにくいからと続けられなくなってしまいます。

バストアップエクササイズの最大のデメリットは
「続けられないと、バストアップできない」
という事ですから、独学だと十中八九失敗するというわけです。

とはいえ、バストアップエクササイズを提唱する偽物の教材も多く出回っており、
そんなのをつかまされた日には、もうバストアップどころじゃないですよね。

なので、もしバストアップエクササイズに興味があるのであれば、
私がオススメしている方法を一度見てみてください。

最短2週間で2カップアップ、全額返金保証・キャッシュバック付きのバストアップ方法

これ以上の物があれば、迷わずそっちに行けばいいですし、
なければこれが現時点での最良です。

おわりに

なんで胸が大きくなりたいのか?と言えば、
長年のコンプレックスの解消だと思います。

解消されたら、好きな服を着れたり、海やプール、温泉にも躊躇がなくなりますよね。

でも、そんな私たちの期待とは裏腹に、
どんなに腕の立つ医師だったとしても、リスクが0%になるという事はありません。

もちろん最近は科学も技術も進んでいるでしょうから、
昔に比べたら相当安全になった事は否めません。
(昔に飛行機に乗った人や、豊胸手術をした人の勇気ってすごいですよね!)

とはいえ、少なからずリスクがある行為を
真っ先に選択するというのも考え物です。

もし他の方法でダメだった場合の最終的な案として
豊胸手術は残しておいてもいいのかもしれません。

今からでも間に合う!短期間で”自然に”胸を大きくできるバストアップエクササイズ

誰にでもよく効く「バストアップの魔法の薬」は、残念ながらまだこの世に存在しません。

でも、”基本を押さえた方法”で、誰でも確実にバストアップできる方法ならあるんです。
それが「バストアップエクササイズ」。

バストアップエクササイズは、主にバストアップ専門のエステサロンで取り入れられているもので、「栄養」「女性ホルモン」「血行」という”胸を大きくする基本的なこと”に注目した、安全なバストアップ方法です。

当サイトがオススメするのは、そんなバストアップエクササイズを、エステサロンに行く事もなく、自宅で誰にもバレずに、自分のペースで行える方法。

それがこちら。
最短2週間で2カップアップ、自分で出来るバストアップエクササイズ

現にこのエクササイズで何人もの方がバストアップに成功していますし、中にはAAカップからCカップまで成長させた方から、50代で成功している方までいるので、「私もバストアップするんだ」って励みになります。

バストアップエクササイズは豊胸手術やサプリのような裏ワザではないので、自分でやる必要があるのですが、ちゃんと自分の胸と正面から向き合って自然に大きくしたい方にはピッタリの方法。

今なら実質無料なので、やるだけやってみるチャンスです!

 - 豊胸 , , , , , ,

  こんな記事も読まれています

最短で楽に胸が大きくできるヒアルロン酸注入とは?

胸を大きくしたいけれど、手間がかかる事は続かない。 とにかく最短で、もっと楽に出 …

ヒアルロン酸注入法のクリニックを選ぶ基準

「ヒアルロン酸注入法が私には向いている!」 そう思ったら、次は自分にあったクリニ …

自信をつける為にヒアルロン酸注入をするのが”あり”な理由

自然で豊かなバストアップを行うのには”バストアップエクササイズ”がオススメです。 …

即効性と確実性に応える豊胸手術の種類

「即効性」と「確実性」がポイントの豊胸手術。 そんな豊胸手術にもいくつか種類があ …

想像していたより激しく痛い!豊胸手術を受けた人のリアルな感想

豊胸手術を考えた時に、真っ先に頭に浮かぶのが「痛み」についてです。 人によって、 …

バレるかもしれない…。シリコンバッグの豊胸手術は自然か不自然か

豊胸手術の代名詞といえば、インプラント(シリコンバッグ挿入法)です。 オネエの芸 …

豊胸手術の選び方や特徴、リスクについて

豊胸手術は今や多くの方が体験しているそうです。 豊胸手術についても正しく、特徴や …

豊胸手術は危険?恐怖感や抵抗感がある人へ

あえて言うまでもありませんが、 ”確実に”バストアップできる方法と言えば、豊胸手 …

ダイエットで痩せたら胸が萎んだ。脂肪注入法の効果が永久ではない理由

豊胸手術の中でも人気の高い脂肪注入法。 自分から吸引した脂肪を使用するので安全性 …

手軽にバストアップしたい。ヒアルロン酸豊胸だけじゃない、お試しで出来るバストアップ方法

豊胸手術に興味があるけど、怖いし高いし、なかなか踏ん切りがつかない。 お試しで出 …