確実にバストアップする方法 | 小さな胸に悩む女性に

一人ひとりのバストアップ

*

大豆でバストアップする人、しない人|大豆イソフラボンと胸の大きさの関係

バストアップの為に「大豆」がいいという話を聞いたことはないですか?
大豆そのものや、豆腐、豆乳などなど。
大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が関与しているそうです。

もし本当に大豆イソフラボンでバストアップできるなら、大豆をもりもり食べれば胸が大きくなるってことですが、本当でしょうか。

スポンサーリンク

大豆を食べたらバストアップしますか?

02725265ba1261c77db3d64cb93599c9_s

答え:大豆を摂取しても必ずバストアップするというわけではない

ショックかもしれませんが、大豆も決して魔法の薬ではないということです。
ただ、「バストアップしない」とも言えません。

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s

大豆イソフラボンが叶えてくれること

そもそも大豆イソフラボンがなぜ注目されているのかというと、
女性ホルモンによく似ているから」なんです。

200716

それでどんな良いことがあるのかというと、
女性ホルモンに似た働きをしてくれるという点があげられます。

女性ホルモンのエストロゲンはエストロゲン受容体という受け皿と結合する事で作用し、
胸に皮下脂肪をつけたり、肌をつややかにハリのある状態にすると言われています。

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た形状なので、
女性ホルモンの代わりに、エストロゲン受容体と結合する事が出来るんです。

普段女性ホルモンの分泌が少ない方は大豆を摂取する事によって、
大豆イソフラボンが女性らしい体を作るのに一役買ってくれるというわけです。

その為、更年期だったり、自律神経のバランスが悪い方には大豆が効果的だと言えるでしょう。

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンはエストロゲンに比べて活性が低いと言われています。

つまり、エストロゲン受容体と結合しても本来の女性ホルモンほどの働きはしてくれないってことです。
でも、それが逆にいい影響を及ぼすこともあるんです。

まず、活性が低い為、乳がん細胞と結合してしまっても働きが弱い。
そういった点から、乳がんの抑制になると言われています。

また、女性ホルモンの分泌が過剰気味な時には、
先にエストロゲン受容体と結合してしまい、本来の女性ホルモンが活性化するのを抑制します。

逆に女性ホルモンの分泌が足りない時には、空いてしまっているエストロゲン受容体と結合し、
脳に「足りないよ、もっと分泌して」と訴えてくれるそう。

いずれにせよ女性ホルモンのバランスを整えるのに効果があると言えます。

じゃあなぜ大豆を食べても意味がないのか?

だったらバストアップに効果があるんじゃないか?と思いますが、
大豆を食べたからと言ってバストアップしないのには理由があります。

大豆イソフラボンには体内に吸収されやすい「アグリコン型」と、
吸収されにくい「グリコシド型」の二種類があり、
大豆そのものに含まれている大豆イソフラボンが「グリコシド型」だから吸収が悪いというのが問題の一つです。
[参考]イソフラボンとは | イソフラボン倶楽部

発酵させた味噌や醤油からアグリコン型イソフラボンの摂取が可能ですが、
同じ発酵食品でも納豆はアグリコン型が多くないそうです。

大豆イソフラボンのサプリメントなどではすでにアグリコン型で摂取できるようになっているのでこれを利用するのも手です。

もう一つの問題は、「胸が小さい原因が女性ホルモンのバランスによるものではない可能性」です。

あくまで大豆イソフラボンが作用するのは「女性ホルモンのような働き」であって、
「胸を大きくする魔法」ではないということ。

もし女性ホルモンのバランスがいい人でバストアップ出来ていないのなら原因はほかにあります。
そういう方は大豆イソフラボンを摂取しても効果を感じにくいでしょう。

その他にも、欧米人には効果がないとか、アジア人でも全員が全員大豆の恩恵を受けられるわけではないという話もあります。

そもそもの生活習慣や遺伝に関係しているという事です。

納豆の酵素には期待

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

発酵食品でも納豆にはアグリコン型大豆イソフラボンを期待できないと書きました。

とはいえ、納豆にはバストアップに期待できる効果が他にあります。
それは、バランスよく色々な酵素が含まれていることです。

kekkan_kessen

特に「ナットウキナーゼ」という納豆にしかない酵素は、血栓を溶かす作用があると言われています。
[参考]納豆にしかない特殊酵素

胸を発達させる女性ホルモンや成長ホルモン、胸に脂肪をつけてくれる栄養素、
これらは血の流れが悪いとうまく体中に運ばれません。

なので、女性ホルモンのバランスはいいのに胸が大きくならない人が納豆を食べる事で血流改善してバストアップ、なんて事も不思議ではないんです。

 

まとめ

大豆を食べたらバストアップするのか?については

  • 女性ホルモンのバランスが悪い人には有効
  • ただし、大豆そのものより、アグリコン型の大豆イソフラボンサプリや味噌・醤油が効率良い
  • 血流が悪い人には納豆も有効

ということです。

やはり大豆もほかの食品と同じく、「誰にでも効く魔法の薬」ではありませんでした。
自分の体の状態に合わせてバストアップできる方法をしっかりと知るようにしてください。

補足

ちなみに、大豆よりも活性が高いイソフラボンとして、プエラリンやデオキシミロエステロールがあります。

これらは話題の「プエラリア」に含まれている成分です。
つまり、プエラリアサプリの仕組みは、大豆イソフラボンの強化版ということです。

プエラリアサプリが効かない人は、大豆も効かないかもしれません。
なぜなら、上述の通り、原因が違うからです。

おそらくは血流改善(食生活や姿勢などによる)が必要だと思われます。

そんな方にはオススメのバストアップエクササイズがあるので紹介しておきます。
この方法はちゃんとバストアップの為の理論に則っていて、
100人中100人全員がバストアップに成功したという、驚異の方法です。
血流改善の為のエクササイズと、食生活改善レシピがついたバストアップ方法

今からでも間に合う!短期間で”自然に”胸を大きくできるバストアップエクササイズ

誰にでもよく効く「バストアップの魔法の薬」は、残念ながらまだこの世に存在しません。

でも、”基本を押さえた方法”で、誰でも確実にバストアップできる方法ならあるんです。
それが「バストアップエクササイズ」。

バストアップエクササイズは、主にバストアップ専門のエステサロンで取り入れられているもので、「栄養」「女性ホルモン」「血行」という”胸を大きくする基本的なこと”に注目した、安全なバストアップ方法です。

当サイトがオススメするのは、そんなバストアップエクササイズを、エステサロンに行く事もなく、自宅で誰にもバレずに、自分のペースで行える方法。

それがこちら。
最短2週間で2カップアップ、自分で出来るバストアップエクササイズ

現にこのエクササイズで何人もの方がバストアップに成功していますし、中にはAAカップからCカップまで成長させた方から、50代で成功している方までいるので、「私もバストアップするんだ」って励みになります。

バストアップエクササイズは豊胸手術やサプリのような裏ワザではないので、自分でやる必要があるのですが、ちゃんと自分の胸と正面から向き合って自然に大きくしたい方にはピッタリの方法。

今なら実質無料なので、やるだけやってみるチャンスです!

 - 胸が大きくなる食べ物 , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップPR 1005バナー

  こんな記事も読まれています

ザクロでは胸が大きくならない理由。ザクロでバストアップの嘘。

バストアップサプリによく配合されている「ザクロ」。 ザクロにもバストアップ成分が …

チョコレートやココアでバストアップする理由、しない理由

「友達がチョコレートを食べ続けたらバストアップしたって」 こんな話を聞いた事があ …

なぜ大豆や豆乳では胸が大きくならないのか?豆乳のバストアップ効果について

もし、あなたが、 大豆に含まれているイソフラボンが胸を大きくする という情報を手 …

都市伝説!?キャベツを食べたら本当にバストアップするのか?

ひと昔まえに「キャベツを食べたらバストアップする」という噂が流行りました。 平山 …

牛乳を飲めばバストアップするのか?の本当のところ

胸が大きい人が「牛乳を飲んでたら大きくなった~」と言うのを聞いて、 好きでもない …

大豆イソフラボンは乳がんになるのか?の本当のところ

バストアップについて調べていると、 どうやら大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性 …

胸を大きくする食べ物まとめ

胸を大きくする食べ物と言っても、 食べた瞬間に魔法のように大きくなるものはありま …

なぜバストアップの為にグリーンスムージーがオススメなのか?

ダイエット用品としてよく扱われる「グリーンスムージー」。 これがバストアップに効 …

きなこ牛乳はなぜバストアップに効果的なのか?

バストアップに効くとして、きなこ牛乳がフィーチャーされています。 実際にきなこ牛 …

ヨーグルトにはバストアップ効果がある?乳製品でバストアップの理由

ヨーグルトを食べてバストアップするという話を聞いたことがあるかと思います。 これ …