確実にバストアップする方法 | 小さな胸に悩む女性に

一人ひとりのバストアップ

*

胸が大きくなることのデメリット

TIG88_bednouederirakkusu-thumb-1000xauto-16708

胸が大きくなるという事は、良い事尽くしかと言えば、
人によってはそうでもないかもしれません。

メリットとデメリットとを両方理解したうえで行動しなければ
あとあとで「失敗だった」と感じる可能性も大きいでしょう。

胸が大きくなる事のデメリットはこんな事があります。

  • 胸が重い、肩がこる
  • 将来垂れる
  • 服の買い直し
  • 視線が集まる可能性がある
  • 交友関係や生活が変わるかもしれない
スポンサーリンク

胸が重い、肩がこる

これはもう当然のことです。

胸は大胸筋という筋肉が支えてくれています。
胸が大きくなるということは、胸の脂肪が増えるということですから、
この大胸筋が仕事しなければならない量が増えるわけです。

ちょっと違いますが、ペットボトルとかをブラと胸の間に入れてみてください。
絶対重いですから。(笑)

肩がこるっていうのは、よく胸が大きい子が体育の後で言っていましたよね。
あれも本当と言えば本当ですが、まぁ胸が小さくても肩はこりますから、これはあんまり関係ないかもしれないです。

※でも大胸筋が肩こりに関係しているなら関係あるかも。

将来垂れる

胸は、よほど気を付けていない限り、
加齢と共に必ず垂れます。

これは前述の大胸筋が衰えることによるので、仕方ないこと。

胸が大きいと、大胸筋が伸びやすかったり、
胸を支えるクーパーじん帯が切れやすかったり、そういった理由で垂れやすいのかもしれません。

でも、胸が小さいから垂れないと思っているのなら大間違いで、
胸が垂れるのは胸の大きさに寄らず必ず起こることです。

垂れないようにするには、大胸筋を鍛えるなり、適切なケアが必要。
同じく垂れるんだったら、大きい方がいいに決まってます。

服の買い直し

胸のサイズが大きくなったぐらいなら今までの服も着られますが、
おそらく似合う服が変わります。

あと、センスも少し変わると思います。
これは自分に自信がつくことによる影響かなと思ってます。

また、服というよりは下着ですね。
胸が大きくなっても形を良くしたり、垂れないようにする為には
適切なブラジャーが必要ですから、都度買う必要が出てくるかもしれません。

楽しいといえば楽しいんですけど、
お金に余裕があれば、いいですね。(笑)

視線が集まる可能性がある

今までもなかったわけではないけれど、
違った意味で胸に視線が集まります。

特に夏場×男性はどうしても胸を見てきます。
もうこれは仕方ないことなんですけど、嫌な人にしてみたらすごく嫌かもしれません。

胸を見られるということは、その後全身も見られますから、
その全身にも気を張ってないといけないわけです。
※気にしすぎ?

胸がもともと大きい人は、こういうコンプレックスを持っているということです。

交友関係や生活が変わるかもしれない

胸が大きくなると、自分に自信が付きます。
自信がつくと、おそらく考え方や生活も変わってきます。

急激に変わるということではないですが、
例えば今から10年後の自分が、その10年間自信まんまんで生きたのと、
その10年間自信がなく卑屈に生きてしまったのでは、どう違っているでしょうか。

徐々に生活や交友関係が変わっている可能性があることは、想像できると思います。

人はぬるま湯を選んでしまいがちです。
つまり、今ある生活が心地いいから、それが変わってしまう事を拒むんですね。

でも、よりよい生活を求めれば、ぬるま湯にはつかっていられません。
それに、自分だけがぬるま湯につかっていても、周りの人がどんどん変わっていってしまう事もあり得ます。

あなたなら、今の自分の生活が変わってしまってでも、新しく自信まんまんな自分になりたいか、
それとも、周りの人たちが変わっていってしまっても、今のままの自分でいたいか、どちらでしょうか。

もちろん、必ずしもそうなるというわけではありませんが、
”そう言ったこともあり得る”という意識で胸を大きくするかしないかを決めていく方がいいのではないかと思います。

 

 

今からでも間に合う!短期間で”自然に”胸を大きくできるバストアップエクササイズ

誰にでもよく効く「バストアップの魔法の薬」は、残念ながらまだこの世に存在しません。

でも、”基本を押さえた方法”で、誰でも確実にバストアップできる方法ならあるんです。
それが「バストアップエクササイズ」。

バストアップエクササイズは、主にバストアップ専門のエステサロンで取り入れられているもので、「栄養」「女性ホルモン」「血行」という”胸を大きくする基本的なこと”に注目した、安全なバストアップ方法です。

当サイトがオススメするのは、そんなバストアップエクササイズを、エステサロンに行く事もなく、自宅で誰にもバレずに、自分のペースで行える方法。

それがこちら。
最短2週間で2カップアップ、自分で出来るバストアップエクササイズ

現にこのエクササイズで何人もの方がバストアップに成功していますし、中にはAAカップからCカップまで成長させた方から、50代で成功している方までいるので、「私もバストアップするんだ」って励みになります。

バストアップエクササイズは豊胸手術やサプリのような裏ワザではないので、自分でやる必要があるのですが、ちゃんと自分の胸と正面から向き合って自然に大きくしたい方にはピッタリの方法。

今なら実質無料なので、やるだけやってみるチャンスです!

 - バストアップの基礎知識

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップPR 1005バナー

  こんな記事も読まれています

バストアップとは?

バストアップとは、ここでは「胸を大きくすること」を意味しています。 本来のバスト …

胸が小さくても似合う、または隠せる、盛れる水着といえば・・・

胸が小さいことの悩みの一つ、水着。 なぜ、あんなにも肌を露出しなければならない服 …

胸にメイクをして巨乳風を装う

胸にメイクをしている人っていますか? 普段からメイク道具は愛用しているけれど、 …

なぜ「お水を飲む事」はバストアップに効果的なのか?

健康の為に水を飲みましょうという話はよく聞きますが、 これ、バストアップにも実は …

なぜ正しい方法でのバストアップには年齢が関係ないのか?何歳でも胸が大きくなるのには理由がある

胸が大きくなる原理に、年齢は関係ありません。 ハリやツヤは加齢と共に落ちますが、 …

胸が大きくなることのメリット

改めていうような事ではないのかもしれませんが、 胸が大きくなることで得られるメリ …

バストアップはいつからやるのがいいの?

胸を大きくしたいけど、いつから始めるのがベストなんだろう? その答えは「今」です …

温泉旅行などでの悩みを回避する方法

貧乳女子のあるあるだと思いますが、 私は温泉旅行のようなみんなの前で裸になる行事 …

胸を大きく見せる最も手軽で、最短の方法

胸を大きく見せる為に一番手軽で、最短な方法、 それは胸にパッドを入れる事です。 …

自分に合う服を見つける事で、胸の小ささをカバーする。

胸が小さい悩みの一つに、服が似合わないことがあります。 服が似合わないというか、 …