確実にバストアップする方法 | 小さな胸に悩む女性に

一人ひとりのバストアップ

*

バストアップ方法の種類と比較

64013dd25a44c8f5a4f7a4817a250cc0_s

胸を大きくするためには、生活習慣を改善することが基本です。
ただし、それだけでは不安な方のために、バストアップ方法がいくつかあります。

それぞれメリットとデメリットがあるので理解しておきましょう。

スポンサーリンク

バストアップ方法の種類

大きくわけると生活習慣の改善を補佐する役割のものを含めて以下の5つ。

  • バストアップサプリメント
  • バストアップクリーム・ジェル
  • 豊胸手術
  • 光豊胸
  • エクササイズ

どれもアプローチが違うので、
特徴、メリット・デメリットを知って自分にあった方法を実践するようにしましょう。

バストアップ方法の特徴と比較

オススメ教材 特徴・メリット デメリット
バストアップサプリ 飲むだけでバストアップ
女性ホルモンに作用させる
比較的安価にスタートできる
女性ホルモンの過剰に注意
女性ホルモンが足りている人には効果なし
バストアップは不確実
各種副作用が報告されている
結果的に費用が高額になる場合も
未成年は摂取不可
バストアップクリーム バストアップマッサージの併用品
ものによっては塗るだけでOK
比較的安価にスタートできる
マッサージありきな部分も
バストアップは不確実
敏感肌の人は注意
結果的に費用が高額になる場合も
豊胸手術 外科手術によって確実にバストアップ
ホルモンなどに影響されない
費用が高額
術後の痛み、各後遺症の懸念あり
方法によってはすぐに元に戻る
光豊胸 最先端の豊胸術
脂肪を大きくする
効果を実感するまで時間がかかる
結果的に費用が高額になる場合も
エクササイズ 女性ホルモンや外科的なアプローチではなく安全
副作用がない
年齢、体型によらない
時間がかかるものもある
結果的に費用が高額になる場合も

 

ざっと表にしてみましたが、ごちゃごちゃしてしまいました・・・。
1つずつ解説していきます。

バストアップサプリメント

主に、女性ホルモンの量を増やすことを目的とした、栄養補助食品です。
「飲むだけでバストアップ」のような手軽さが特徴ですが、
正しくは「飲むだけで女性ホルモン量アップ」といったところです。
女性ホルモンと胸の大きさの関係

女性ホルモンを増やすといってもアプローチがいろいろあり、
主流なのは「プエラリア」に代表される植物エストロゲンを用いたもの。
女性ホルモンを増やす方法

植物エストロゲンは実際の女性ホルモンよりは安全とする声もありますが、
なんともいえないところです。

バストアップサプリメントは女性ホルモンの量を増やすのが目的ですから、
もとから女性ホルモン量が多いにも関わらず胸が小さかった人には効果がないかもしれません。

そういった意味では不確実なバストアップ方法といえます。
「絶対にバストアップしたい!」という人が真っ先に選ぶような物ではありませんが、
初回費用が安価なのと、飲むだけでいいという手軽さから選んでしまう人が多い印象です。

ただし、費用に関しても毎月飲み続けなければいけないと思えば
結果的には高額になることを理解しておきましょう。

また、経口摂取で体内から作用させるものなので、
副作用の報告が多いのも事実です。

頭痛や吐き気、不正出血、むくみなどなど、
使用の際にはその辺りも理解する必要があります。

バストアップクリーム・ジェル

バストアップマッサージを行う際に、潤滑剤として使うクリームやジェルに、
バストアップに関係しそうな成分を含んだものです。

人気なのは「ボルフィリン」配合のもの。
ボルフィリンは塗った箇所の脂肪を増殖させることが報告されている注目の成分です。

ボルフィリンと同じ効能を人工的に創りだしたアディフィリンも注目されています。

主にこのボルフィリンが含まれているものか、プエラリアが含まれているもの、
もしくはその両方が入っているものがバストアップクリーム・ジェルとして売られています。

肌に塗ることは、皮膚からの吸収ということになるので、
うまく吸収されれば経口摂取よりは肝臓で分解されるという心配もなく効果が高そうです。

とはいえ、これらのクリームが皮膚のどの層まで浸透して、
それによってどう吸収されるのかは理解が必要です。

また、直接肌にぬるわけですから、湿疹などの報告もあります。

豊胸手術

言わずと知れた、バストアップの代名詞ですね。
外科手術によって胸を確実に大きくしてくれる方法です。

大きく3つにわけられ、それぞれ特徴が違います。
ヒアルロン酸注入、脂肪吸引&注入、シリコンバッグ豊胸の3つです。

ヒアルロン酸は手軽に即日からバストアップ出来るものの、
半年から2年ぐらいで徐々に元に戻ってしまう期間限定のバストアップ方法です。

脂肪吸引&注入の方法は、自分の脂肪を胸に入れる方法なので
拒絶反応などが少なく自然だという人気の豊胸方法ですが、
結局のところ胸に脂肪がつきにくい人は、永久に胸の脂肪を保てるわけではなさそうです。

シリコンバッグ豊胸は一番有名な方法だと思います。
胸の下などに豊胸バッグを挿入してバストアップします。
もちろん体からしたら異物ですから、拒絶反応が出やすいですし、仕上がりも他に比べて自然さが劣ります。

いろいろアプローチこそ違えど、豊胸手術の魅力は「確実である」ということ。
他のどの方法とも違い、必ず胸が大きくなります。

ただし、想像を絶する痛みだったり、各種感染症や合併症、後遺症の心配もあります。
また、手術の費用はもちろん高額なので、手軽さはありません。

更に言うと、どんな方法をとったにせよ、豊胸手術が一回で終わる方は多くないです。
メンテナンスが必要な場合もありますし、やっぱり癖になってしまうんですね。

その辺りの費用面などを考慮した方がいいと思います。

光豊胸

バストアップサロンが開発したという新しい方法で、
胸に特殊な光をあてて、胸の脂肪細胞を増殖させるというものです。

その仕組みについて詳しくはわからないので何とも言えませんが、
1回や2回の施術では効果がないという報告があります。

スタートアップの費用は高くもなく安くもなく、といった感じですが、
それが10回、20回とかかると思ったら高額ですね。

ただし、それでもし確実にバストアップが可能なのであれば外科的な手術よりはいいかもしれないと思ってしまいます。

どちらにせよ注目の方法ではありますね。

バストアップエクササイズ

バストアップエクササイズは、生活習慣改善にプラスして胸を大きくしていくような方法です。
つまり、乳腺の刺激と血流を良くすることを効率的に行うもの。

独学で行っている方の成果についてはわかりませんが、
きちんとしたバストアップエクササイズでうまくいかなかったという話は聞いたことがないです。

胸が大きくならない方法を取り除くわけですから、
時間こそかかれどバストアップはできると考えていいのではないでしょうか。

エステサロンに通うとなると、毎月のお月謝が高額になってしまいますが、
エクササイズ教材などを利用すれば、初回に1~2万円程度であとは一円もかからないのは魅力的です。

今からでも間に合う!短期間で”自然に”胸を大きくできるバストアップエクササイズ

誰にでもよく効く「バストアップの魔法の薬」は、残念ながらまだこの世に存在しません。

でも、”基本を押さえた方法”で、誰でも確実にバストアップできる方法ならあるんです。
それが「バストアップエクササイズ」。

バストアップエクササイズは、主にバストアップ専門のエステサロンで取り入れられているもので、「栄養」「女性ホルモン」「血行」という”胸を大きくする基本的なこと”に注目した、安全なバストアップ方法です。

当サイトがオススメするのは、そんなバストアップエクササイズを、エステサロンに行く事もなく、自宅で誰にもバレずに、自分のペースで行える方法。

それがこちら。
最短2週間で2カップアップ、自分で出来るバストアップエクササイズ

現にこのエクササイズで何人もの方がバストアップに成功していますし、中にはAAカップからCカップまで成長させた方から、50代で成功している方までいるので、「私もバストアップするんだ」って励みになります。

バストアップエクササイズは豊胸手術やサプリのような裏ワザではないので、自分でやる必要があるのですが、ちゃんと自分の胸と正面から向き合って自然に大きくしたい方にはピッタリの方法。

今なら実質無料なので、やるだけやってみるチャンスです!

 - 胸が大きくなるしくみ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップPR 1005バナー

  こんな記事も読まれています

no image
小さな胸で悩んでいる人はおっぱいが大きくなる仕組みを知る事が重要

生まれつき小さいままの胸を大きくする、 または、授乳で萎んでしまった胸を取り戻す …

「腕立て伏せで胸が大きくなる」のウソ。筋トレでむしろ大きくなるのは・・・

バストアップの都市伝説の一つに「腕立てふせ」ってありますよね。 大胸筋を鍛えるト …

胸が小さい人が意外と気にしていない自律神経がバストアップに関係すること

胸が小さい人は、自律神経のバランスが悪い可能性があります。 自律神経は女性ホルモ …

なぜ胸が大きいことが女性として当たり前のことなのか?生物学的に考えられる仮説

人間の女性は生物学的に、胸が膨らむのがあたりまえなんです。 それはなぜなんでしょ …

なぜ生理について知る事でバストアップに繋がるのか?月経と胸の大きさの関係

「自分の体のことだからなんとなくはわかっているけれど、 ちゃんと知っているかと言 …

no image
なぜあなたの胸は小さいのか?胸が大きくならない原因を知る

バストアップする為には、「なぜ自分の胸が小さいのか」という理由を知る必要がありま …

no image
胸以外に脂肪がつく”隠れ不健康タイプ”の人の胸が小さい原因とは

あなたが、胸以外のお腹やふとももなどには脂肪がつきやすいのに、 胸にだけ脂肪がつ …

胸を大きく育てられる人が行っている、自律神経を整える方法

胸を大きく育てるのには自律神経のバランスが重要です。 自律神経は意識していないと …

胸を大きくしたかったら、血流改善が欠かせない。血行を良くしてバストアップする理由

胸を大きく育てる為に、血液の流れは絶対に無視できません。 かなり重要な部分です。 …

女性ホルモンを増やす方法

胸を大きくする為には、女性ホルモンが少なからず欠かせません。 女性ホルモンと胸の …