確実にバストアップする方法 | 小さな胸に悩む女性に

一人ひとりのバストアップ

*

バストアップに必要な土台とは?

バストアップには土台となる身体作りが重要であることはこちらの記事で書きました。
バストアップには土台作りが重要なワケ

ではその土台とは何か?

単純に言えば、「胸が大きくなる準備をしている状態」ということです。

実は、あなたが女性である限り、胸は大きくなろうとしているはずなんです。
それを妨げている要因が、あなたの体にあるということ。

例えばそれは、ストレスを溜め込んでいる状態かもしれません。
はたまた、生理不順になっている原因かもしれません。
もしかすると睡眠不足かもしれません。

色々な原因があなたのバストアップを妨げている可能性があります。

つまり、「胸が大きくなる準備をしている状態」にするには、
土台となる土壌を耕さなければならないのですが、
あなたの生活習慣があなたの体を「アスファルトのようにガチガチにしてしまっている」可能性があるということです。

私はその土台に関して、「成長ホルモン」「女性ホルモン」「老廃物」という観点から見直せると考えています。

horumon

成長ホルモンは体の組織を成長させるもの。
女性ホルモンは体を女性らしくするもの。

老廃物は体に溜まった要らないものです。

成長ホルモンや女性ホルモンは体を女性らしくしたり、胸を大きくさせたりと、
直接バストアップに関わってきます。

が、正しく分泌させて、ホルモンバランスを整えるのには老廃物の排出を考えなければなりません。

私たちの体は、摂取した栄養が血流にのって全身に行き渡っています。
その血流が老廃物によって詰まっていたら、
正しく分泌させたいホルモンのバランスが崩れるのもわかりますよね。

要らないものを出さないと新しいものが入らないというのは想像がつきやすいのではないでしょうか。
そんなイメージで考えていきましょう。

[next]疲れやすい人はバストアップできない?成長ホルモンと胸の大きさの関係

今からでも間に合う!短期間で”自然に”胸を大きくできるバストアップエクササイズ

誰にでもよく効く「バストアップの魔法の薬」は、残念ながらまだこの世に存在しません。

でも、”基本を押さえた方法”で、誰でも確実にバストアップできる方法ならあるんです。
それが「バストアップエクササイズ」。

バストアップエクササイズは、主にバストアップ専門のエステサロンで取り入れられているもので、「栄養」「女性ホルモン」「血行」という”胸を大きくする基本的なこと”に注目した、安全なバストアップ方法です。

当サイトがオススメするのは、そんなバストアップエクササイズを、エステサロンに行く事もなく、自宅で誰にもバレずに、自分のペースで行える方法。

それがこちら。
最短2週間で2カップアップ、自分で出来るバストアップエクササイズ

現にこのエクササイズで何人もの方がバストアップに成功していますし、中にはAAカップからCカップまで成長させた方から、50代で成功している方までいるので、「私もバストアップするんだ」って励みになります。

バストアップエクササイズは豊胸手術やサプリのような裏ワザではないので、自分でやる必要があるのですが、ちゃんと自分の胸と正面から向き合って自然に大きくしたい方にはピッタリの方法。

今なら実質無料なので、やるだけやってみるチャンスです!

 - バストアップ土台作り , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップPR 1005バナー

  こんな記事も読まれています

ストレスがバストアップの大敵 | 女性ホルモンと胸の関係

バストアップの土台として必要なものの一つに、女性ホルモンをあげました。 バストア …

女性ホルモンバランスを崩さずにバストアップできるサプリは?

バストアップに必要な土台の一つに、女性ホルモンが影響していると書きました。 2つ …

no image
バストアップには土台作りが重要なワケ

私は以前、本音を言えば 楽に、 できるだけすぐに、 お金をかけずに、 胸を大きく …

バストアップの土台を作る為に、質の高い睡眠をとる方法

胸を大きくするために、質のいい睡眠は絶対に欠かせません。 疲れやすい人はバストア …

ブレスエアーで質の高い睡眠 | バストアップの土台作りに

バストアップの土台作りに質の高い睡眠が欠かせないことを以前書きました。 また、質 …

なぜ適切に老廃物を流すだけでバストアップが近づくのか|リンパケアの重要性について

成長ホルモン、女性ホルモンと説明をしてきましたが、 それらを正しく分泌する為の土 …

なぜ自律神経と上手に付き合うことがバストアップに影響するのか?

今回はちょっと主旨とズレそうな、 精神論っぽいお話しになっちゃいます。 でも、大 …